一生に一度は手にしてみたいブランド

私の「一生に一度は手にしてみたいブランド」は

★ 49歳 男性
私の「一生に一度は手にしてみたいブランド」は、自動車なら「ベンツ」。時計なら、「ロレックス」です。

私が「ブランド」に目覚めたのは、父親の「バック」をたまたまもらった時からでした。
それまでは、「ブランド」にまったく興味がなかったのですが、その時は仕事がまったくうまく行っていませんでした。

そんな、ある日、仕事で父親からもらったルイ・ヴィトンのバックを仕事に持っていくと、なぜか簡単に成約に成功して、仕事の終わりに、「それ、ルイ・ヴィトンのバックですね。」とお客様にいわれました。
後から思ったことは、「今日、お客様は私の言うことをすんなりと聞いてくれたな」と思ったことです。
「なぜだろう」と思った時、ルイ・ヴィトンのバックしか違いがないのです。
「これがブランドの効果か」と初めてわかりました。

それ以来、私はできるだけ、「ブランドを持つようにしよう」、「似合うようにしよう」と思いました。
そこで今では、最後には「メルセデス・ベンツ」。そして、普段は、「ロレックス」を持ちたいと思っています。「ロレックス」は、いつでも買えば、手に入れることはできますが、そうではなくて、「ロレックス」が似合う男になりたいと思っています。
その意味で、私の「一生に一度は手にしてみたいブランド」は、自動車なら「ベンツ」。時計なら、「ロレックス」です。

比べてお得!

Copyright (C)2017一生に一度は手にしてみたいブランド.All rights reserved.