一生に一度は手にしてみたいブランド

私は若い頃はバブルの時代で

★ 50歳 女性
私は若い頃はバブルの時代で、仕事も多く、収入もそれなりにありました。

でも根っからの貧乏性で、洋服は好きなかわいらしいブランドの物をバーゲンの時だけ買っていました。
その洋服は外国のものではありませんが、今買っている洋服の値段よりはずっと高かったです。

当時の友達はブランド物に凝っていて、バッグはヴィトン、グッチ、プラダなど、有名なものは全部持っていました。
洋服はフェンディが好きで、大人っぽく着こなしていました。
私はバッグもかわいらしい物が好きで、外国ブランドではありませんが、手作り感の革製品の物を使っていました。

でもその友達が持っているもので、私も欲しいなと思ったものがありました。
それはプラダのリュックです。
さりげなくカジュアルな着こなしに合いそうなリュックでした。
素材は革ではなく、薄い布製でしたが、プラダのロゴが一瞬見えただけでも、その人が輝いて見えました。

今はとてもそんなものを買う余裕はないですが、当時もっと買いたいものを買っておけばよかったと後悔しています。
Copyright (C)2017一生に一度は手にしてみたいブランド.All rights reserved.